アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
桜井雄作のブログ
ブログ紹介
●桜井雄作・ライヴ・スケジュール
未定
●Live House & Bar コタン(新宿区曙橋)
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kotan/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
中河原の梅花皮亭-38
今朝、仕事明けのまま梅花皮亭に着いたのはたぶん十時半ころ。半開きの扉に首をつっこんで 「おはようございます。桜井です」 とアイサツしたら、店の中で開店の準備をしているお母さんが、明らかに早過ぎるその客の来店を快く引き受けてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/19 20:46
Foolish school time-134
   渡り船のバラード ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 22:05
Walking on the street-668
昨日の朝、夜勤から家に帰ったら、諏訪尚さんから荷物が届いていた。 中身は、彼が四季折々を通して育んできた作品。 「おお!」 という感じでその音源を再生する。 「あっ、その前に近所のコンビニでビールと、さばの缶詰を買ってこよう」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/11 13:12
Walking on the street-667
楽しいな 楽しいな 庭の桜がひらくころ 銀杏が銀に染まるころ たゆまずいつも がんばろう 上神明の 愉快なわれら ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/10 10:33
Walking on the street-666
今日、梅花皮亭で、久しぶりにHさんと顔を合わせた。 Hさんは地元府中の出身の国語の先生という方で、ボクのような他所から来た何者かも分からぬ者にも等しく接してくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/03 03:14
Baseball boy-174
1978年に、ヤクルト・スワローズがセントラル・リーグのペナントを球団創設後初めて獲得したとき、そのチームを率いていたのは広岡達朗監督で、1976年途中から引き受けたそのスワローズの監督業でそのチームを、五位、二位、そして優勝へと導いたその手腕を、ジッと見つめていたのが海老原泰久さんという方だったのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/25 10:44
Baseball boy-173
東京読売ジャイアンツの上原浩治投手が現役引退を発表した。四十四歳、よくやったとおもうし、たくさんの夢を見せてくれたことに、心からこう言いたい。 「たくさんの感動をありがとう!あなたのプレーを見て、どれだけ励まされたことか、分かりません!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/21 14:36
Foolish school time-133
都立Y高校時代、1945年のポツダム宣言のことは社会史の長谷川先生から教えてもらっていたかどうか定かではないのは先生に責任があるのではなくて、ボクがその授業をまったくもって反故にしていたからに他ならないのだけれど、その長谷川先生は、年度末に進級に末期的だったボクに追試を課してくれて、何とか単位をくださった大恩人である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/05/15 13:54
Walking on the street-662
ボクには若い人たちを相手にああだこうだと言うよりは、年輩の人たちに混じってその話しのあいだにゆるゆるとしている方が落ちつく感覚があって、公共の場の例えば駅の講内とか、ドトールみたいなコーヒー・ショップだとか、身内が入院した大きな病院に出かけていったにしても、気がつくとどうも年寄りの方へ近寄っていく気味がある。こういう話しを親しい人に話すと 「きみは知らずの内に例の詐欺集団と同じ、弱い者から金を奪い取ろうという詐欺願望があるんじゃないか」 といぶかしく言われるのには困るけれど、決してそういうこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/09 16:29
中河原の梅花皮亭-37
昭和四十年、1965年生まれのボクが小学生の時分、品川区豊町の三階建ての校舎の屋上からは富士山がくっきりと見えた。北の空のすぐそばには東京タワーも眺められたその頃、高い建物がほとんどない町ごとに商店街があってそこには魚屋、八百屋、肉屋、雑貨屋、よろず屋、質屋、何やら怪しい路地裏も、町ごとに抱えていたけれど、今おもいおこすと、何ともおおらかな空気感におおわれていた時代だったようにおもう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/06 21:33
Walking on the street-661
夜勤明けで、フラフラしながら近所のコンビニでビールとタバコを買って家に帰ったら、上品なピアノの音色が聴こえるので何だとおもったら、その音の主は大学三年生の息子で 「どうした。学園祭の発表会にでも繰り出されたのかい」 と言ったら 「そうじゃない。昨日から、ちょっと始めてみようとおもっただけだ」 とツッケンドンでしようもないのでボクは台所でグラスに今買ってきたビールを注いで、スポーツ新聞をガバッとひらいてビールをグビッと飲む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/30 18:56
Baseball boy-172
今シーズンのプロ野球開幕直前のスポーツ新聞各紙で、いつも好き勝手な評論でボクたち読者を楽しませてくれている何十人ものほとんどの解説者たちが、今年の順位予想の一位に、セ・リーグでは広島カープ、パ・リーグではソフトバンク・ホークスを挙げていた記事を見てボクは大笑いして、その可笑しさが収まらなくてニッカンからデイリー、スポニチを持って、少なくともボクよりもはるかに野球が分かっている梅花皮亭のお父さんのところに持っていってしまったくらいである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/24 19:22
中河原の梅花皮亭-36
そんなことで最近、死期が近づいたという訳ではないだろうけれど、自分では決してやらないようなことを周囲に要求する気配があって注意しているのは例えば、豚のゲンコツとガラを使って、それだけでも美味しいラーメンを出している梅花皮亭という店で、キュウリと大根のほどよく塩の立った浅漬けでお酒をいただいているときに店のお父さんとお母さんをつかまえて 「いつか鶏ガラを使った昔ながらの中華そばを作っていただけませんか」 などと口走ってしまうのだ。それも今に始まったことではないのでその店で数年来の知り合いで今春... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/18 18:00
Walking on the street-659
「趣味は読書と食べ歩き」 ということが、何となくボクの半生の中にはあったような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/16 17:49
Baseball boy-171
ヨーロッパの人たちからすると、ベースボールというのは馴染みのない競技なのかどうかよく分からないけれど、2024年に行われるオリンピック・パラリンピック・フランス大会では、そのベースボールが正式種目から除外されるというニュースを何ヶ月か前に知った。野球を通じてベースボールをこよなく愛する日本人のボクにとってはショックだったけれど、それが国際的認識、判断であるならば現時点では致し方ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/15 17:29
中河原の梅花皮亭-35
この前の東京オリンピックは1964年、大阪万博は1970年で、アポロが月面に着陸したのは何年だったのかな。ともかくまだビートルズが新曲をリリースしていた期間のことで、第一と第二京浜国道には走っている車もまばらで、歩道橋も信号機も必要ないくらいという、そういう大らかな時代がついこのあいだまであった。今ではどこそこにも監視カメラで往来する人たちが録画されて、2020年にはまた東京でオリンピックとパラリンピックが開催される。映画「2001年宇宙の旅」よりもはるか未来に、いつのまにかボクたちは暮らしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/07 20:56
中河原の梅花皮亭-34
子供のときに見ていた高校野球の選手たちは、どう見てもオッさんにしか感じられなかったものであるけれど、こちら側がいいジジイの年代になってきて彼らを見ていると、ただただ可愛くて仕方がない。どうか、素敵な大人になっていただきたいとおもう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/28 19:28
Baseball boy-170
昨年の五月、イチロー選手が、所属するシアトル・マリナーズと「会長付特別補佐」というきき馴れない役職での契約をし、またそれによって、そのシーズン中のメジャーでの試合出場はないが現役は続行する、という報道のあと、それほどの時間を要さずにMLBから 「2019年のシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスの開幕戦を、東京ドームで開催する」 という発表があったときには 「おいおい」 と 「まさかな」 というおもいが去来した。 「おいおい」の方は、そんな嬉しいことをやってくれるのかい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/22 23:03
中河原の梅花皮亭-33
今の仕事柄、ボクが中河原の梅花皮亭を訪れるのは夜勤明けの午前十一時前後であって、そういう時間というのがまだ店のお父さんとお母さんがシャッターを開けて暖簾を出しているとはいえ店内ではカウンターの調味料や割り箸などの補充や、厨房ではこれから来たるべきランチタイムに向けての静かなる下ごしらえの佳境に差しかかっている真っ最中だというのにボクの如き一介の労働者がその店のVの字のカウンターの左端の、一番テレビの眺めが良い特等席に腰をおろして 「生ビールをください」 と言うのはどういうものかとおもうのであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/21 18:32
Baseball boy-169
どうして、2024年にパリで開催されるオリンピックで、野球(ベースボ―ル)とソフトボールが競技から除外されてしまうのか、その疑問点について書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/14 16:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

桜井雄作のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる