桜井雄作のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Walking on the street-635

<<   作成日時 : 2016/10/26 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボクは威張る奴が嫌いである。もう少しへりくだっていうと、お酒の勢いは良いけれど、ちっぽけな立場であるにも関わらずそれを振りかざして威張り散らそうとする人物にはウンザリ御免である。結局彼らは、上の連中に何も意見出来ずに下の奴らにそのはけ口を丸投げしているだけで
「班長、それは間違っているのではありませんか」
などとボクが口を出したらボクのクビが飛びかねないから黙っておくことにするけれど
「馬鹿野郎」
とか
「お前は知恵が遅れているのか」
とかいう罵声を浴びせられる訳だ。ボクはそのことを大して重く感じていないけれど、その職場でボクの先輩である若者たちは一ヶ月もしないでその職場を去っていく。彼らの上司の、また、その上の偉い人たちも、結局何もしてくれないでボクや彼らを
「大事におもっている」
と良いながら、そんな世界は実はない。代わりなんていくらでもいるさという幻想の発想である。


今のボクの上司は、とても尊敬に値する人物ではないつまらない人物で、だけど仕方がない。上司だもんな。
だけど、ボクはその人がどうしても好きになれない。しかしながら仕方がない。

「おーい、馬鹿」

と、彼は本気でボクを虐げて呼ぶ訳だ。

「はいはい」

と返事をしながら、黙って、ボクは今夜の日本シリーズの経過を気にしている。


彼と野球とか、その他の話題で盛り上がることは一生ないだろう。
何というか、その人は虫みたいにそこにいるだけで、偉そうにして、話し相手には到底なれないのだろうなとボクはおもう。

ついでに言っておく。そいうう人こそ本当の馬鹿だ。





Carl Perkins.George Harrison,Eric .Cllapton.10/271083ー9・9・
https://www.youtube.com/watch?v=x_T8mRnqCwE

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Walking on the street-635 桜井雄作のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる